平成30年度 保育士求人・採用・見学・実習・ボランティア情報 立川市認可保育園 森の子保育園

森の子保育園は、『人を愛し、自然を愛し、自分を愛する子ども』という保育理念のもと、個別活動(モンテッソーリ教育)、戸外活動(自然体験保育)食育活動を3本柱とし、異年齢児保育を導入した保育活動を実施しています。園では、子どもの保育を行う保育士だけではなく、キッチンスタッフ(栄養士 調理員)や看護師などの全ての職員がチームとなって、子どもの最善の利益を追求するために働いています。森の子保育園の開放的な園舎や自然あふれる園庭での保育の様子をぜひ見に来てください。たくさんの笑顔に出会えると思います。

園長 今村 好子

説明会の流れ

就職希望者説明会を下記の日程にて開催いたします。
時間は、どの日程も10:00〜11:30の予定です。

  9/18(火)
  9/22(土)
 10/16(火)
 10/20(土)
 10/23(火)
 11/ 6(火)
 11/17(土)
 11/20(火)

森の子保育園森の子保育園・施設見学ツアー
保育理念、保育の特色、保育活動のご説明と質疑応答
エントリー受付(試験・面接日程の予約)

対象

2019年3月卒業見込みの方、現在大学・短大・専門学校等に通われていて、保育士資格を取得予定の方。
保育士資格をお持ちで仕事を再開したいと思ってる方。
資格はないけれど保育の仕事に興味ある方。

参加方法

下記より、メールまたはお電話で申し込みください。随時受け付けています。

連絡先
042-538-0729 就職についてのお問合わせは、担当(園長今村)まで。
   
  

   
幼児主任 S.M
保育士をしている理由は「楽しいから!」。後輩にもそんな風に思ってもらえたら嬉しいです。こんなにも自然が多い園庭は他にないのではないでしょうか。子どもたちは元気いっぱい遊び、木陰でひと休み。虫捕り、花摘み、どんぐり集め。ワクワクの毎日を過ごしています。保育士をずっと続けてこられた訳。それは良い仲間に巡り会えたからだと思っています。厳しくも優しい先輩方、いつも一生懸命な後輩達。森の子保育園の仲間は、いつでも私を支え、背中を押してくれました。
乳児主任 A.E
開放的な園舎、広い園庭、元気な子ども達の中で過ごす毎日はとても充実しています。乳児フロアは経験年数が1〜4年目の職員が多いので、よりよい保育が行えるようアドバイスだけでなく一緒に考える時間を多くとっています。乳児期の大切な時期に関わる仕事として責任がありますが、保育士としての仕事を楽しめるよう不安なことや日々の悩みを持ちこさないよう皆で協力しています。
   
乳児クラス O.H
保育士7年目になります。立ち上げから在職しており、チームワークの良さ、尊敬できる先輩方の温かさを実感しながら現在はクラスリーダーの立場として毎日楽しく働かせていただいております。子どもたちのために実際の保育以外の業務や行事の場でも、職員同士のコミュニケーションを欠かさない、笑顔のたえない職場です。園、子どもたち、同僚と共に、自らも成長出来るよう様々なことを学びながら過ごしています。
幼児クラス A.H
入職して3年目の年に、モンテッソーリ教育のディプロマ取得のため、2年間東京国際モンテッソーリトレーニングセンターに通わせて頂き、保育士の仕事を行いながら勉強に励みました。昨年ディプロマを取得し、今年度から幼児クラスの担任をしています。学校で学んだ事を生かしながら保育をする中で、改めて子どもの無限の可能性を感じました。温かく、どこからでも子ども達の声が聞こえる素敵な園舎の中で、生きる力を最大限に引き出すことのできるよう見守っています。

   

乳児クラス T.M
入職7年目になります。産休・育休を得て子育て中ですが、復帰後も温かく迎えていただきました。乳児クラスの担任をさせていただいていますが、保育者同士常に声を掛け合い、困った時には頼れる先輩、頼もしい後輩と相談し、子ども達にとってより良い保育を目指して日々取り組んでいます。その中で子ども達の笑顔が溢れる瞬間に立ち会うことができ、やりがいを感じます。

乳児クラス K.N
入職して4年目になります。今年度より園庭が広がり、広々とした空間となりました。そこには様々な植物や昆虫がおり、子どもが自然に触れ、五感を養うことが出来ます。また、園庭にある畑では子どもたち自身で野菜を育て、収穫できるようにしています。収穫した野菜をその場で洗って食べたり、ランチの食材として使用したりと、すぐに食べることが出来る環境があり、野菜が苦手な子どもでも、食べてみようとする姿が見られます。このような活動を通して、子どもの「じぶんでできた」という達成感を大切にし、見守りながら過ごしています。

   

乳児クラス T.A
就職活動中に森の子保育園の見学に来た際、お子さんたちが魅力的な経験をしながらのびのびと過ごす姿を見て、この保育園で働きたいと感じました。今年度は入職して2年目となり、より良い保育を行うため学ぶ毎日です。分からないことやうまくいかないことも多いですが、先輩方がいつも温かくサポートして下さるのでとても心強いです。お子さんたちの豊かで面白い言葉や表情にパワーをもらいながら、保育士として働くやりがいと楽しさを感じています。

幼児クラス K.T
森の子保育園を知ったきっかけは、ホームページで見た園庭の大きな土管と豊かな自然環境でした。そして、行事やボランティアに参加させて頂き、森の子保育園の先生方は優しい人ばかりで安心しました。最初は男性保育士として不安な事ばかりでしたが、今は子どもたちにサッカーを教えたり、思いっきり園庭で遊んだりして楽しい日々です。まだ保育士一年目で未熟ですが、様々な経験を楽しみながら保育士として成長していきたいです。

   

栄養士 H.T
森の子の自然豊かな環境、オープンなランチスペースに惹かれ、入職しました。一汁三菜の和食を中心とした多彩なメニューを「楽しく食べる」のが目標です。地元の食材も多く取り入れ、園庭で採れた野菜や果物も子ども達がキッチンに届けてくれるので、毎日のランチで使っています。楽しい食育活動も子ども達と折りにふれ、行っています。

看護師 N.C
開園2年目に入職。産休・育休を頂き、1児の子育て中です。若い先生が多く、明るい雰囲気の保育園です。入職1、2年目の職員を対象に、保育の中での怪我や、危険な場所について話し合い、知識を深める危険防止委員会を開いています。先生達と日々意見交換しながら、子ども達がより健やかに成長できるように保健活動を行なっています。

   

社会福祉法人恵比寿会には、認可保育園「森の子保育園」と企業主導型保育施設「森の子ナーサリー」、「しばざきのいえ 子育てひろば」、自主運営学童保育「アフタースクール」、立川市委託事業「高松第3学童保育所」「柏第4学童保育所」があります。

最初は認可保育園で勤務し、数年後に子育てひろばに異動や、企業主導型保育施設で勤務し、子育て中は時短で自主運営学童保育に異動するなど、職種や勤務形態によって退職を考える必要なく、本法人の職員として経験年数を積み上げながら、様々な選択が可能です。

新人研修をはじめとする園内研修や、東京都民間保育保育園協会などが主催の外部研修へも参加する機会もあり、それぞれの立場で必要な技術や知識が学べる環境で、職員のキャリアアップを支援しています。

保育をさらにしっかり学びたいと考える方にとって、東京国際モッテソーリ教師トレーニングセンターに働きながら通うことも可能で、通学のための費用補助や勤務シフトの調整を行っています。先輩保育士には、2年間の夜間部へ通学し、ディプロマを取得して活躍している先生が3人働いています。

福利厚生センター「ソウェルクラブ」に法人負担で加入するため福利厚生制度の利用はもちろん、顧問社労士を擁して最新の制度を常に整備し、産休や育休等の職場条件、退職金制度の充実など、長く安心して勤務できる態勢を整えています。

どうぞお気軽に見学や就職希望説明会にお越しください。
今は保育士不足で求人が多すぎて迷っていらっしゃるかと思います。でも、結局選択できる園は1つだけ。働いた数年後、本園を勤務先として選んで良かったと感じられる法人に整えております。
ご検討、ご連絡をお待ちしております。